はじめての方へ

はじめての方へ

はじめての方へ

土日や平日のお昼休みの時間帯も
診療・検査いたします。

当院では消化器内科、内視鏡内科、内科は、
土日や平日のお昼休みの時間帯も診療や検査を行っています。
お仕事や家事の都合で、平日は受診しづらい方や、消化器内視鏡検査を受けたいと思っているけれど今までタイミングが合わなかったというような方にも、ご自身のスケジュールに合わせて診察・検査を受けていただけます。

また、大きな病院を受診するほどの症状ではないが日曜なので今までは救急外来を受診していたといった場合でも、当院では気兼ねなく受診していただけます。

主な診療内容

MEDICAL INFORMATION


消化器内科

消化器疾患でお困りの
患者さまの入り口となります。

患者さまが病院を受診する動機として消化器症状はもっともありふれているものの一つであり、クリニックレベルで診断から治療まで完結できる疾患もたくさんあります。
また、がん診療においても、いかに症状の出ないうちに発見するかが治癒するかどうかにおいて非常に重要であり、特に食道や胃や大腸といった消化管がんの領域では早期発見という意味でクリニックレベルでの内視鏡の果たす役割は重要になってきます。

当院は消化器疾患で困っておられる患者さまの入り口となり、対応可能な疾患は当院で対応し、高度な医療が必要な場合にはしかるべき医療機関へご紹介するつなぎ役として機能していきたいと考えています。こちらからみたら重大な症状を軽く考えておられたり、逆に便通などで病的とは言えないような状態を病的と思いこまれて悩まれている場合もあります。気になった事があれば何でもお気軽にご相談ください。


内視鏡検査

苦痛に配慮した精度の高い
内視鏡検査・治療

胃がん・大腸がんなどの大きな病気の早期発見のためにも、
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ検査)は定期的に受けることが大切です。

内視鏡検査は苦痛も伴いうる検査ですが、効果を最大とするためにはある程度の間隔で複数回受けて頂く必要があります。そのため「もう二度と受けたくない。」と思わせないという事も非常に重要となってきます。

当院の内視鏡検査では、最大限に丁寧な操作を心掛けており、細い径の内視鏡を鼻から(場合によっては口から)挿入したり、苦痛や不安が強い方は鎮静剤を使用したりする事も可能です。病気の早期発見のためにも、早めの受診をお勧めします。

当院の内視鏡検査


採血検査

院内で採血検査の結果測定が可能です。

当院ではFUJIFILM社製の臨床化学分析装置 DRI-CHEM NX600 および堀場製作所社製の自動血球計数CRP測定装置 MicrosemiLC-767CRPを採用しており、緊急時に病態や全身状態の把握に必要な採血検査の測定を院内にて30分程度で行う事が可能です。それによりすぐに高度な医療機関へ紹介すべき方と投薬などで外来治療が可能な方を見分け、患者さまに適切な治療を提供する事ができます。

また、院長は消化器病専門医ですが、総合内科専門医でもあります。専門分野にとらわれず、患者さまの全身を考えた診療を行います。ちょっとした体調不良の相談や検診で血圧やコレステロール値、中性脂肪値、尿酸地や血糖値が高いと言われた、といった方の投薬や生活習慣改善の提案等もさせて頂きます。

受診のご案内

初診の方へ

初めて当院を受診される方は、下記をご持参ください。

  • 健康保険証
  • 現在お薬を飲まれている方は、お薬手帳または現在服用中のお薬がわかるもの。
  • 公費を利用して受診される方は、受給者証(高齢受給者証、子ども医療費受給者証など)

予約について

原則予約制となっておりますが、当日受診を希望される場合には事前に電話でご相談ください。
予約通りに診察・検査ができるように最大限努力致しますが、混雑具合により遅れが生じたり、
緊急性によって順番が前後する場合もございますのでご了承下さい。
またより多くのニーズに応えるため、午前診の受付終了時刻は12時半となっております。
13時より予約検査がありますので受付終了時刻以降の対応はしかねますのでご了承下さい。

薬局・処方について

お薬は基本的に院外処方となっておりますが、急病時などの短期間のみの薬剤は種類によって院内でお出しする事が可能です。
同効薬や併用注意薬の内服を防ぐために、かかりつけ薬局をお持ちになることをお勧めします。

予防接種

当院では公費負担の高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種、高齢者インフルエンザワクチン予防接種、
その他任意でのワクチン予防接種が可能です。
ワクチンの確保が必要ですのでお電話にてご確認下さい。