内視鏡検査

内視鏡検査

内視鏡検査

苦痛の少ない安心で
精度の高い診断・治療を行います。

日本人の死因の第一位であるがん、
男女ともに消化器がんは部位別にみた死亡率の上位を占めます。

早期発見が困難であったり、発見できても治癒が困難ながんもありますが、
特に胃がん・大腸がんは死亡率の上位を占めるにも関わらず、
早期に発見する事ができればかなりの確率で治癒が見込めます。

胃がんであれば多くの場合ピロリ菌に感染している、
もしくはピロリ菌に感染した事がある事が知られております。

また、大腸に関して言えば、内視鏡検査時に小さなものであれば
同時に日帰りで切除する事が可能であり、大腸がんになる前の段階、
もしくはなってすぐの段階でポリープを切除する事ができれば
それが大腸がんとなり生命を脅かす可能性をほぼゼロにする事ができます。

根治への第一歩である発見は、クリニックレベルで十分に可能です。
内視鏡検査は苦しい、痛いといったイメージをお持ちの方も、
気軽に検査を受けていただきやすい環境を整えておりますので、
是非一度、当院を受診してみてください。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)

検査の流れ・費用

詳しく見る

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

検査の流れ・費用

詳しく見る

当院の内視鏡検査の特徴

FEATURE

高性能・高画質内視鏡システム

ハイビジョン内視鏡システムを導入

当院ではオリンパス社製の最新の内視鏡システムEVIS X1を導入し、
安全で質の高い内視鏡検査と診断治療を心掛けております。
胃内視鏡・大腸内視鏡ともに、高画質なハイビジョンシステムによるクリアで高精細な観察を行い、画像強調観察機能NBI(Narrow Band Imaging)を用いて微小な病変の早期診断に努めています。

通常光観察・画像強調観察

鎮静剤(麻酔)使用で、できる限り苦痛の少ない検査

鎮静剤(麻酔)使用で、できる限り苦痛の少ない検査

内視鏡検査というと「しんどそう」「痛そう」というイメージがあり、何となく気が進まないという方も多いと思います。当院では丁寧な内視鏡操作を心掛けてなるべく苦痛の少ない内視鏡検査を心掛けておりますが、過去に受けてしんどい思いをされた方や受けてみたいけど、検査自体が不安で受ける事をためらってしまうという方は鎮静剤を使用して検査を行う事が可能です。

鎮静剤を使用すると、ほとんど眠っているのと同じ状態で不安・苦痛を感じずに検査が受ける事ができます。効果には個人差があり体質や飲酒量、普段飲まれているお薬の影響で効果が出にくい場合もありますが、血圧等をモニターしながら検査中に適宜追加で投与する事が可能です。

鎮静剤には効果を打ち消す薬剤(拮抗薬)があり、検査終了時に拮抗薬を投与します。
万が一、鎮静剤が過剰に効きすぎた場合にも拮抗薬の投与を行い、安全に対処出来るよう準備もできております。

鎮静剤を使用する場合には検査前より点滴を開始し、また終了後30分~1時間院内で休んで頂く事が必要となります。
病院を出た後もその日は効果が残存する事がありますので自動車・バイク・自転車等の運転をする事ができませんのでご注意下さい。

経鼻による胃カメラ検査も可能

先端5.4mmの細径ハイビジョン内視鏡

先端5.4mmの細径ハイビジョン内視鏡

当院では先端5.4mmの細径ハイビジョン内視鏡を用いた経鼻胃カメラ検査も行っております。鼻からカメラを入れる事でえづきにくくなり、またカメラ自体が細いため喉の違和感も少なく楽に検査を受ける事が可能です。

土日も内視鏡検査、日帰りポリープ切除が可能

土日も内視鏡検査、日帰りポリープ切除が可能

普段仕事が忙しく平日に時間をとれない方でも、
土日に内視鏡検査を受ける事が可能です。
また大腸カメラでは発見したポリープを日帰りで切除することが可能です。

大腸カメラのお腹の張りを軽減

大腸カメラのお腹の張りを軽減

当院では検査後のお腹の張りを軽減する炭酸ガス送気システムを使用しています。
炭酸ガスは従来使用していた空気と比べ、極めて吸収がよく、
検査中・検査後の苦痛を減らすことが出来ます。

内視鏡検査における感染症対策

内視鏡検査における感染症対策

内視鏡による感染症対策は厳重に行っております。
検査ごとに、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づいた
内視鏡洗浄と高水準消毒を実施しており、感染に対する不安を感じることなく、
安心して検査を受けて頂くことが可能です。